バブルアゲイン

東京プリンの伊藤洋介さんの『バブルアゲイン

おもしろかったー。おもろいんですよ。

私はバブルのときの,アノ恩恵を直接経験してないんですが,

(郵貯の定期で,若干恩恵は・・・)

まぁ,なんとすごいことか。


この本の面白いのは,なんてったって

伊藤さん本人が山一の人間だったということ。就職して2年後に破綻したこと。

そして,アッシーとか,貢くんとか,そういうことをしてしまっていた人間からの証言だったりすること。

そういえば,先日j-waveに伊藤さんが出ていた。

そのとき,ようやく今,森永の給料が山一のときの給料と同じになったとか言ってた。

あのころ,

あのころ・・・・

あのころと言われるあの頃。

またあのときのような浮かれ立った,でもなんか悩みのなさそうな日本を思い出して

堅実に生きようと自覚をさせ,

でも楽しかったなと郷愁に浸る,

あの頃って日本国民が一緒に見た強烈な夢みたいなものなんだろうか。。
[PR]
by con.libertad | 2007-03-04 10:44 | ふにゃ生活