The Queen

ちょっと時間があったんで,シャンテシネで映画でも観ようと・・・。

ちょうど20分後に始まる映画があったのでチケット買ってみた。

それが「The Queen」って映画。

ダイアナ元皇太子妃が交通事故で亡くなるちょっと前からその後までの

皇室の動き,ブレアの行動

エリザベス女王とチャールズ皇太子の人柄と心の動き


皇室ことが垣間見えただけでも面白かった

俳優さんが似てて,それも面白かった(ブレアのにやけ顔とか)

××××××××××××××××××

このHelen Mirrenっていうエリザベス女王の役をした女優さんは

カンヌ国際映画祭で最優秀女優賞に輝いた。

渋い映画ばかり出ていて私知りませんでした,この女優さん。

それにしても皇室って独特なんだね,やっぱり。

日本も美智子妃殿下が失語症になっちゃったり雅子様が病気になっちゃったりしてるもんね。


帰ってきてから,映画どうだった?と聞かれ,

「ブレアのプロモーション・ビデオのようだったよ。」


いや,いい映画だったんですよ。

ぽろっと口からでた言葉にしては,映画の印象を正確に言い得てると思うのよね。^^;


それこそね,タイトルの横に書かれてる映画の説明文みたいなやつがあって

「世界中が泣いたその日,たった一人涙を見せなかった人がいた」ってあんの。

これねー,映画の主旨ではないと思うの。

な~んて,勝手な解釈をしてみました。。。お粗末様m(__)m
[PR]
by con.libertad | 2007-05-28 13:06 | 映画・観劇